ニキビ対策で大切なポイント

毛穴の中に詰まった皮脂をしっかり洗い流す

ニキビ対策でまず大切なのは、汚れをしっかり落として肌を清潔に保つことです。
ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、そこでニキビ菌がその皮脂をエサとして繁殖することにあります。そのため、まずは毛穴に詰まった皮脂をしっかりと洗い流し、ニキビ菌を繁殖させないようにすることが重要です。
洗顔の際は、ニキビ用に特化した洗顔料を使うのがおすすめです。汚れを落とすのはもちろん、殺菌成分も含まれているのでニキビ菌を撃退することができます。
洗顔の際はたっぷりと泡立てて、その泡を肌の上で転がすようにしてやさしく洗います。汚れを落としたいあまりゴシゴシ力を入れてこすってしまうと肌に刺激となり、かえって悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

水分と油分のバランスを整える保湿も必要

ニキビケアでは「保湿」も重要です。ニキビの原因となる皮脂が増えるのは、実は肌が乾燥して水分が不足することも一因となります。足りない潤いを補おうとして、皮脂が余分に分泌されてしまうのです。
また、肌が乾燥すると肌表面のバリア機能が衰え、さらに潤いを保ちにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。したがって、洗顔をして汚れをきちんと落としたあとには保湿をすることが重要です。
ニキビのできている肌は敏感な状態になっているので、化粧水は肌に刺激のないものを選びましょう。油分はあまり与えないほうがよいので、乳液はさらっとしたタイプがおすすめです。いずれも炎症を抑える成分が入ったニキビ専用のものを選ぶのが良いでしょう。

© Copyright Acne Remedies. All Rights Reserved.